火狐ブログ
 
日々の出来事を写真で綴ります
 



もしかしたら

二十年間も下半身を動かせずに車いす生活を続けていたアメリカの男性の話なんですが、驚いた事に毒蜘蛛に噛まれたことが要因として歩けるようになったそうです。まあ一種のショック療法として可能性があるのです。まあ一種のショック療法として可能性があるのなら是非研究していいか怪しい話ではあるかなと思います。


6月6日(土)16:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 楽天市場 | FX自動売買
禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機